--年--月

--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月

29日

Fight Songs At One Night

Image465_20100728171715.jpgImage466.jpgImage465_20100728171715.jpg
Image466.jpgImage465_20100728171715.jpgImage466.jpg

平社員にしてくださいっ!って本気で頼んだことありますけどね。ダメだ!って言われました。やる気ありませんっ!ってすがりました。ダメだ!って言われました。まあもう本当にやる気がなかった。やらないって決めました。やりませんでした。いいんですそういう時はやらなくて。会社なんて知ったこっちゃない。

そうだ、そうだ。

そのとき長年働いてきてはじめてランクがDになりました。会社はしっかりこの役にもDをつけたんですよ。ランクDって給料が下がるんです。はじめて給料も下がりました。後から聞いたら、ボクのいないところで、チームを集めて、ボクのフォローしてやってくれ、って、会社はやってくれてたみたいですけど。ははは。そのときは知らなかったし。

いつもみんなに頭を下げられてすりすりやられて毒舌をボソボソ吐く真っ黒なMさんは、それが、妻の余命がわかったときだとは最後まで言いませんでした。

そのときもMさんは、店にやって来ていて、胸キュン、だか、胸ドキュン、だかいうエロムチカワイイお姉ちゃんのたくさんいるお店に行くことを、楽しそうに話していたものだったし、ワタクシたちももちろん知らなかった。ワタクシたちはそういうたくさんのことを、知らない。知ろうともしない。万人に知らないそれがあることを、知っているだけです。

妻ですか。結局宣告通り、今年3月に亡くなりました。まあ。大変ですよね。ほんとに大変なことです。4ヶ月経ってようやくできてきたかな。そろそろ完璧です。朝5時半に起きて息子のお弁当つくって。途中で会社抜け出すんですよ、洗濯機まわしたりしに。今、洗濯物かわきませんねえ。部屋干しトップ!使ってます。あれね、洗濯まではいいんですよね、アイロンがけがもうイヤ!ねえ!汗だくになって、ハンカチとかかけてたら、汗がボタボタボタって落ちて、はいまた洗濯機みたいな。でしょう!

えー、と、すみません、ワタクシ、アイロン、かけてませんで。

楽しみは、ドームでの野球観戦。そうですよ、ファイターズのファンクラブ入ってますから。駐車場を利用するためにドームの周りの会社と取り引きしてるようなもんです。わはは。悪いけどあそこにドームがなかったらあんなとこと取り引きしてませんから。あ、でも息子は阪神ファンなんです。あれはねえ、理解できないくらい熱狂的ですよ。だって一緒に練習までしたりしますから!この前息子がやってきて、ぼそと、お願いがある6万円くれないか、って言うんです。なんだ6万円でなにするんだって言ったら、名古屋まで仲間と応援しに行くんだって。わははは。やりましたけどね。6万円。はじめてしばらく1人になります。

若手にS田ってのがいるんですよ。飲み会に命かけてるようなやつです。ドンキホーテで小道具ばっちりそろえてて。必ずスーツの下には海水パンツ仕込んで、なにかっちゃあ脱ぐんです、割るんです、ケツで割り箸とか。ソープ行った帰りにデリヘル呼ぶようなやつです。給料日10日前に財布の中が520円だった。どうすんだ、って言ったら大丈夫だって言うんです。これで食えるか、って1万円だけ渡しました。次の日呼びつけて、またS田の財布を見たんです。790円でした。10日分の食料を買ったと言うから、ほんとうか、と言ったら、出て来たカラオケのレシート、9200円。呼び出したお姉ちゃんとカラオケしてしまいましたと白状しました。あいつにはいくら使ったか。仕事はできるんですが。まったく大物になりますよ。これ、劇に出してもらえませんか。

もうもちろん出てください。あなたもあなたもあなたもあなたも。

じゃあ帰ります。そうですか、ありがとうございました。ワタクシたちは、明日朝も5時半に起きて息子の弁当をつくるMさんの背中をバシンとやって、最後に声をかけます。

胸キュンばっかり行ってないで、ここでもお金使ってくださいよー!?!?!?

いや、ほんとに。
スポンサーサイト

2010年07月

16日

Red Dog & Yellow Dog

そこは、いつものトイレだった。いつものトイレと言っても、ワタシが普段生活している範囲内の、たとえば家のトイレや店のトイレのことではない。ただ、そこはトイレで、それも公衆トイレで、みんなが使う集合トイレで、ワタシはいつもそこを使っている、と、知っていた。だけ。

それで、そこは、いつものトイレだったけど、いつものトイレじゃなかったのだ。なんというか、いつものトイレよりも明るい。いつものトイレよりも汚い。いつものトイレよりも床がべちゃべちゃ。あちこちに穴があいていて、ところどころか割れていて、今にも落ちそうで。ワタシは下駄をはいている。べちゃべちゃ。あ、そうだ、いつもの仕切りがないのだ。まず、仕切りがないじゃないか。

トイレの形もいろいろだ。いろいろと言っても、ワタシが普段生活している範囲内に見える、たとえば洋式トイレや和式トイレなどと言った形は見つからない。あーあ、とうとうこんなんなっちゃったか。ワタシは落ちないように、一歩一歩、ゆるりゆるり、床を、べちゃべちゃべちゃべちゃ、そしてどのトイレを選んでしゃがんでみようとしても、どうかして外から丸見えなのだ。お尻が出せない。ぼやぼやしているうちに、仕切りがないばかりか、壁もなくなっていった。どんどん、もう全然出せない。

まさとが水を流している。ものすごく勢いよく。ワタシは近づいて、まさとに「オッス」と言って、引き続き、ちゃんと用を足せるトイレを探していた。「はやくしなよ」とまさとが言った。「あ、うん」とワタシが言った。「床あぶないから気をつけてね」とまさとが言った。「うん、わかってる」とワタシが言った。

その時だった。空を飛ぶ何かが視界に入ったと思ったら、
どーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!!!!!とものすごい音がした。

落ちた!いや、落ちてきた!
すぐそこで、赤い首輪をした犬が、黄色い首輪をした犬の上に落ちた。

自殺だ。とワタシはわかっていた。なぜか。たしか、ツイッターで見た。赤い首輪をした犬は、自殺するだろう、と思っていたのに、ワタシはなんの反応をすることもなく、ただ見やって、無視していたのだ。

それで、赤い首輪をした犬が落ちた。でも、黄色い首輪をした犬が、わざと下に入った。だから、赤い首輪をした犬は、死ねなかった。

ぎゅいーーーーーん、ぎゅいーーーーーーん

赤い犬も、黄色い犬も、ものすごい勢いでもがいて、もがいて、苦しんでいる。ワタシも、みんなも、じっと見たまま、動かない。

ぎゅいーーーーーん、ぎゅいーーーーーーん

赤い犬も、黄色い犬も、狂った。狂ったように、あたりを走り始めた。みんな、動かない。

狂った赤い犬が、ものすごい顔をして牙を向いて、ワタシの方に突進してきた。ワタシは腕を差しだした。赤い犬は、その腕にかぶりついた。血が吹き出た。

「痛いか!!」とワタシは赤に叫んだのだ。赤は、何も答えなかったけど、もがいたまま痛いと言った。痛い、痛い、痛い、痛い、と言った。「あれも痛い!!」とワタシは、向こうの方で走り回っている黄色い犬を差した。赤は、何も答えなかったけど、もがいたまま痛いと言った。痛い、痛い、痛い、痛い、と言った。ワタシの腕にかぶりついている赤を、ワタシはばっこりと叩き、「行け!!」とまた黄色い犬を差した。そして、赤は黄色のところに行ったのだ。

赤い犬と、黄色い犬は、一緒にもがいた。もがいてもがいてからみあって走り回って、そこらじゅうのものを壊して、もがいてもがいてからみあって、からみあって。みんな、動かない。

ワタシにはすることがあった。こういう事態になったからには、今モニターに流れているサザエさんのエンドロールを変更しなければならなかった。今すぐに変更しなければならなかった。もうあれを放送してはならなかった。大急ぎで指示したのだ。ただモニターの前で見守った。

テレビは一瞬混乱し、プツツ、となり、でもすぐに、大昔のかわいくないサザエさんの絵の、セピア色の、歌も途中でとぎれたエンドロールが流れはじめた。わあ。やるなあみんな。すごいなあ。よくこんなのあったなあ。かわいくない絵の波平さんとフナさんがアップになった。これでいい。心からほっとしたのだ。

モニターの前に立っていると、赤い犬と黄色い犬が一緒に、またものすごい勢いで走ってやってきた。赤い犬が先頭で、今度は腕は噛まれず、ワタシと赤は、じゃれあった。黄色い犬は、どういう顔をしていいかわからないようで、一瞬牙をむき、そのあと突進してきて、じゃれあった。ワタシと赤と黄色は、かわいくないサザエさんの前で、ずっとじゃれあった。

ということで、ここ数日便秘です。

CONTACT

TWEETS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。