--年--月

--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000年05月

18日

DAVID LYNCH 04

奇妙なリアリズム
「イレイザーヘッド」の特異性により、この作品は明らかにカルトファンにとっての完璧な映画になった。スタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅(1968)」にも少し通じ、「イレイザーヘッド」は映画界の宇宙を漂う独立した惑星のごとく存在するが、彼の作品と違うのは、その宇宙力が家庭内の現実性によって支えられていることだ。このリンチの最初の長編映画が描くのは、ヘンリー・スペンサーという男と、打撃をうけた工業地帯の中での子供を持つ夫婦としての彼の生活についてで、ぼんやりとしたぬかるみにまみれた景色が工場や機械音に取り付かれている。空想に近いこの映画のセットは、疑いなくリンチが妻と娘と住んでいたフィラデルフィアの環境を呼び起こす。それが、この作品の鍵の1つでもある、奇妙さを帯びたリアリズムだ。実際「イレイザーヘッド」の主題は、とても簡潔に、全て高度にスタイル化された、不眠、同棲、家庭生活や隣人付き合いに対する様々な不安、小さな子供を持つ夫婦の挑戦、と要約されることができよう。これは作品の力を引き起こす、この作品の普通ならぬ美学である。白黒の映像は、暗くてすすだらけの雰囲気を作り、リアリズムからは離れたサウンドトラックが伴う。またこの作品の世界には奇妙な混合生物が住み、とくに赤ん坊は、新生児と言うより、物悲しい音を出す生き物のように見える。

lynch6.jpg

  この作品の息詰まるような空気、一連のアニメーション、手作りの特別な効果、変容の感覚は、無根拠ではなくそのためだけに創造された、奇怪な実体感のようなものを視聴者に与える。「イレイザーヘッド」は、作り手の潜在意識と視聴者の潜在意識を直接的に結びつける事ができる映画だ。また何より、登場人物の内在する弧をスクリーン上に変換し、この場合は、ジャック・ナンスが際立ってヘンリー・スペンサーを演じた。ジャック・ナンスは、何年もに渡ってリンチお気に入りの俳優の1人となり、彼の作品の大多数に出演することになる。この登場人物のスクリーン上における内なる旅は、自らが理解していることは何もないと内的な変容を遂げようとしているかのような、悩める者として表現される。静かでゾッとする不安感が「イレイザーヘッド」を圧制し、たくさんの異なった空気や感覚、心と身体の根本状態に占められている。
  実際「イレイザーヘッド」に起こる一連の出来事を総括するのは難しく、この作品は、はっきりとした始まりと終わりを持ったストーリーというよりも、物語風な変化の連続、ますます衝撃的なシーンの組み合わせとして作用しているのだ。シーンにおいては、ヘンリーがメアリーの両親の家にてひどい食事に招待され彼女の妊娠が発覚した、ということよりも特筆すべき、いくつかの重要な場面が突出している。例えば、ヘンリーが、奇妙で人工的でさえある小さなチキンを切り分けることを頼まれ、その足がまだ動めき血を流し始めるシーンは、忘れることができないだろう。これをはじめとするこの作品を通した多くのシーンは、紛れもなく奇怪であり、またそれは恐怖に転じるが、同時にリンチ作品によく現れるブラックユーモアを内在している。メアリーの両親の家のシーンにおける途方もなく重たい空気は、たとえばタバコを吸う祖母や、管に話しかける配管工のメアリーの父などといった、とても正気でなく不穏でさえある細部に、とめどなく重ねられている。このリアリズムと空想的な家庭生活の組み合わせは、カフカの世界を呼び起こし、リンチはたびたびその関係性を注目されてきた。

lynch7.jpg

  実際にリンチは、カフカの「変身」の映画化を手がけることを考えたこともあった。二部では、赤ん坊の全てのシーンが作品の内なる抑圧感を増大させる。リンチのもう1つの映画スタイルのトレードマークであるグロテスクな作風が、ここで掛け合わされた。子供の泣き声にこれ以上耐えられなくなった母親(あるいは、その機能をもった生き物と表現すべきか)。メアリーの身体から出るへその緒の欠片たち。最終的には文字通り言葉で表せない物質を分泌する虫のようなものに変わる、赤ん坊の忘れ得ぬ変身。ヘンリーが赤ん坊のおむつを変えようとするシーン。風の吹く音、遠くの列車、話し声の様々な変形など、断続的な雑音が使われたサウンドトラックの並外れた効果。これら全てが視聴者の心に焼き付けられ、「イレイザーヘッド」を二つとない体験に仕立てる。究極的に「イレイザーヘッド」は、出生、始まり、変身の物語だ。明らかにこれは作品の主人公であるヘンリーについてであるが、より分かりやすく例えて言えば、この映画は、驚くべき作品を公開した監督として、飛び立つ準備のできたデビッド・リンチについてである。
  「イレイザーヘッド」の成功劇はじわじわと始まり、週を追うごとにだんだんと聴衆に火がついた。着々とアメリカ中での現象になり、特にニューヨークでは支持者を集める。お気に入りの映画として「イレイザーヘッド」を主張したジョン・ウォーターズもその1人だ。1978年、映画は「アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭」に参加し、ウィリアム・フリードキン(「エクソシスト」の監督)が司会をする審査員により、アンテナアワードを受賞。批評家の意見も分かれ、完全な成功とは見なされなかったものの、作品は足跡を残した。その後しばらくの間、リンチは途方に暮れていたようで、次の作品制作への複雑な行程へ再び入る準備ができないようだった。「イレイザーヘッド」の長い旅から抜け出たばかりで、彼は再婚をする。しかしながら「イレイザーヘッド」の大ファンになったプロデューサーのスチュアート・コーンフィールドから、共同制作の提案を受けた。またリンチは、日の目を見る事がないも断続的に進められてきた未実現のプロジェクト「ロニー・ロケット」の脚本も書き始めた。そうして長い間の様々なプロジェクトを経て、ついに「エレファント・マン」(脚本クリストファー・デ・ボア、エリック・バーグレン)が、リンチ2作目の主要作品となる。そして驚くべきことに「ヤング・フランケンシュタイン(1974)」を監督したメル・ブルックスが、「イレイザーヘッド」の上映にて感銘を受け、プロデューサーとして舵を取った。

※原文 Masters of cinema "David Lynch" by Thierry Jousse

CONTACT

TWEETS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。